春の魔物・寒冷低気圧

茨城で竜巻が発生しましたね!ニュースで被害の様子を見るたび、すごく恐ろしく、くらい気持ちになります。この非常に不安定な待機をもたらしたのは「寒冷低気圧」や「寒冷渦」と呼ばれ、冬~春にかけて多く発生しています。

 私たちが普段見ている地上天気図では前線を伴わない、小さな低気圧として描かれているのでわかりにくいのですが、高層(500hPa)天気図では非常にはっきりと渦巻いています。まるで仮面をかぶってそうっと近づく魔物のようです。この寒冷低気圧は、上空に向かって極からの強い寒気を伴っているので下層に暖湿な空気が流入すると強い上昇気流を発生させます。このため活発な積乱雲が発生しゲリラ雷雨や雷、集中豪雨などが起こり非常に危険です。

 みなさんも春の魔物には今後もご注意ください!