ナノダイヤモンドの地層から

先週の土曜日、久しぶりに「世界ふしぎ発見!」を見ましたがすごく面白かったです。

最終氷期が終わり、地球は徐々に温暖化してきましたが、12900年~13000年前にかけて急激な寒の戻りがあり(ヤンガードリアス期と呼ばれています)、その頃地球上で繁栄していた大型哺乳類の多くが絶滅してしまったそうです。この寒冷化の原因は長いあいだわかっていませんでしたが、カリフォルニアでナノダイヤモンドの地層が発見され、水性の衝突であるという説が有力になっているそうです。